上達への道

先日ナカモトイロワケハゼのリベンジに来てくださった方から、またまた添削サービスをご利用いただきました。

ありがとうございます!

まずは送っていただいた写真の中から1枚。

b0132194_156281.jpg


【撮影データ】
カメラ:E-410
絞り:f/4.5
露出時間:1/80秒
ホワイトバランス:たぶん曇天


【ゲストのコメント】
自分としては、前回より凄く進歩したと思うのですが…
一瞬の前を向いた瞬間にシャッターを切ることができました。
ホワイトバランスを変えただけでかなり自然な色が出ることにびっくりです。
なかなかホワイトバランスまでは手が回りませんが、
せめて「シャッターを切るまでに光の調節を終えていること」
という教えを守っていきたいと思います。


【及川の勝手なアドバイス】
ご自分で「前回より凄く進歩」を感じていただいてうれしいです。
確かに前回よりもかなりよく撮れていると思います。
今回は事前に入念な打ち合わせをした甲斐がありましたね。
他にもホワイトバランスを調整したカットもいただきましたが、意図通りになっていて私もうれしいです。
撮影者自身が満足していることが一番ですので、今回はとてもよかったのではないかと思います。
及川個人的にはもう少し明るい方が好きなので、及川好みにレタッチ(レベル補正のみ)したカットも載せておきます。

b0132194_1571189.jpg




さて、今回はもう1つ。

b0132194_15113566.jpg


【撮影データ】
カメラ:E-410
絞り:f/5
露出時間:1/125秒
ホワイトバランス:たぶん曇天


b0132194_15115291.jpg


【撮影データ】
カメラ:E-410
絞り:f/3.5
露出時間:1/160秒
ホワイトバランス:たぶん曇天


【ゲストのコメント】
03が2本目のハナヒゲです。
もっと、ふわっとした写真にしたかったので、(昨年の及川さんの年賀状のように)3本目の04では絞りを思いっきり開放しました。
しかし、明るすぎて、シャッタースピードをギリギリまであげても
真っ白になってしまったので外部のストロボは切りました。
それでも、背景が飛んでしまってあまり柔らかい感じにはなっていません。
ここらはどう調整したらいいのでしょうか?


【及川の勝手なアドバイス】
絞り開放、シャッタースピード最速でも明るすぎというのは個人的にはほとんど経験したことがないのですが、もしかしたらISO感度が高めに設定してあるのではないでしょうか?
もし、感度も最低であれば、絞り以外でボケを大きくする作戦にして、ストロボはしっかりと使った方がキレイな写真になると思います。
具体的には、ハナヒゲウツボがもっと外に出るのをまって撮影することで、被写体と背景の距離の差を大きくとってボケを大きくするのがいいかと思います。
03の写真は被写体と背景の距離が短いのが写真からもわかります。04はイメージに近い感じかと思いますが、絞りを開放にしているためかピントが甘くなってしまっているのが惜しいです。
背景のことも考えながらピントをバッチリ合わせるのはなかなか至難の業ですが、これも経験を積むことで慣れてきますから是非がんばってください。
一応、ゲストがおっしゃっている年賀状の写真というのはコレですが、この時はかなり小さめな個体でしかもにょきにょき出てきていたので、ボケを大きくすることが簡単だったことと、年賀状用に周りをかなり加工していることを付け加えておきましょう。



と、今回は前回に比べてかなりの進歩が見られました。

是非みなさんもウチを利用して写真のウデを上げてくださいね〜
[PR]
by gallery-h | 2011-04-04 15:13 | 添削サービス
<< 今年も行きます! 今日もいい天気 >>