タグ:陸の生物 ( 7 ) タグの人気記事

サシバ

今日もいい天気でした。

引っ越し準備はあまりはかどりませんけど。

写真は先日撮ったサシバ。

かなりトリミングしてみました。

b0132194_1621182.jpg


良い望遠レンズが欲しいです。
[PR]
by gallery-h | 2015-02-19 16:03 | | Comments(0)

久々のヤンクイ

今日は家庭の事情で仕事はほぼお休みだったので、昨晩の報告を少々。

昨晩は今年初の夜のヤンバル生物観察に行ってきました。

前回は完敗だったので、今回もドライブコースでヤンバルクイナとケナガネズミを狙って行ってきましたが・・・


かろうじてヤンバルクイナゲット。
(かなり撮りやすい環境でした)

b0132194_1722474.jpg



あとはヒメハブ。

b0132194_1723533.jpg



ヤンバルクイナは見れてよかったのですが、ヒメハブを始め全体的に生物との出会いが少ない感じがしました。

今年もできるだけ陸上での生物観察にも力を入れていきたいと思います。



さて、明日からの連休は常連様とフォトダイブです。
なんかおかしな予報になっていますが、どうなるでしょうか・・・
[PR]
by gallery-h | 2013-01-11 17:08 | 陸の自然 | Comments(2)

惨敗・・・

実は昨晩は久しぶりのヤンバル方面へ生物観察に行ってきました!

狙いはヤンバルクイナとケナガネズミ。

久しぶりだったので期待が高まったのですが・・・




惨敗。




結局見れたのは、ヒメハブが数個体。

b0132194_15454497.jpg



ケブカコフキコガネというちょっとイマイチなコガネムシ。

b0132194_15463716.jpg



かなり粘ったのですが、残念な結果に終わってしまいました。

来年はもっとたくさんの生物に出会えるように、今年以上に足を運びたいと思います。





さて、年末の仕事ラストスパートです。

やることが多すぎて年内には終わらない予感ですが、できるとこまでがんばります!
[PR]
by gallery-h | 2012-12-28 15:49 | 陸の自然 | Comments(4)

感動の夜

今日は一日中パノラマ写真の製作作業をしていました。

コチラのサイトで見れますので興味のある方は是非どうぞ。


さて、今日のブログは昨晩のお話を。

実は仲良しショップさんから誘われてウミガメの産卵観察にいってきました!

私も前から見てみたいと思っていたのですが、場所や時間帯などの情報が足りなくてなかなか実行できずにいたので、コレ幸いとばかりに便乗させていただきました。



結果・・・



大当たりでした!!


現場につくと、ほどなくしてカメを発見!

産卵を始めるまではライトなどは付けずに息をひそめてじっと待ちます。

で、産卵が始めるとある程度は光を当てても大丈夫ということなのでなんとか撮影することができました。

b0132194_16481115.jpg


満月&満天の星空の下、海の生物の神秘的な生態を観察することができ感動!!


卵を産み終えると、後ろ足で砂をかいて埋めます。

b0132194_16504364.jpg



そして最後に我々の方を見てから、暗い海の中へ消えていきました。

b0132194_16512455.jpg



写真はアカウミガメですが、他にも2個体とアオウミガメも上陸していました。


ビギナーズラックなのかもしれませんが、思っていたよりもあっさりと見る事ができてよかったです。

それにしても感動的な夜でした。



さて、明日からは常連さんとがっつり潜りますよ〜
[PR]
by gallery-h | 2012-07-05 16:56 | 陸の自然 | Comments(9)

夜のヤンバルウォーキング

昨晩恒例の夜のヤンバル探検に行ってきました!

今回は初回と同様に林道を徒歩で散策するというスタイルです。


今回の狙いは「クロイワトカゲモドキ」でした。
(私はほとんどわかっていないのですが、毎回案内役の人が時期的に狙えるという事で旬の生物を案内してくれるのです)


まずはサワガニの仲間。

b0132194_19261394.jpg



そして、初っ端からクロイワトカゲモドキの連発でした。

初めて見ましたが、なかなかカッコイイですね。

b0132194_19251459.jpg


b0132194_19253137.jpg


b0132194_19254822.jpg



オキナワヤモリもいました。

b0132194_19274847.jpg



写真は撮ってないですが、他に見れた爬虫類はヒメハブとアカマタでした。


そして、両生類としては・・・

ピントの甘い1カット目で逃げられた、ホルストガエル(県の天然記念物)。

b0132194_1929861.jpg



ハナサキガエル。

b0132194_19294564.jpg



あとは、どちらかというとグロい系の昆虫たちを・・・

コブナナフシ。

b0132194_19271850.jpg



かなり気持ち悪いオオゲジ。

b0132194_19302581.jpg



私も大嫌いなカマドウマの仲間のズングリウマ。

b0132194_1931692.jpg



などなど、虫系はちょっと気持ち悪かったですが、爬虫類と両生類は初めてみる生物も多く、とても充実の時間を過ごすことができました。

今後も継続的に遊び(調査?)に行きたいと思います!


で、今日は眠い目を擦りながら外回りの営業と、サラリーマンのような仕事でした・・・
[PR]
by gallery-h | 2012-05-12 19:34 | 陸の自然 | Comments(5)

惨敗

昨晩2回目の夜のヤンバルに行ってきました。

今回は前回とは異なり、全て車で周りながら生物を探す手法で行ってみました。

前回みたいにヤブに入り込んで昆虫・両生類・爬虫類などを探すのが目的ではなく、ヤンバルクイナとケナガネズミだけをターゲットにしてきました。

探す方法やコースなど、いろいろと教えていただきながら深夜まで粘ったのですが、残念ながらどちらも見つけることはできませんでした。

唯一見れた哺乳類がコウモリ。

b0132194_17243992.jpg


前回が大当たり過ぎただけに大きなギャップを感じますが、海と同じようにいい時も悪い時もあります。

また、昨晩は全国的に冷え込み、沖縄もこの冬一番の寒さだったようですが、予想外に雲が晴れ、澄んだ空気の中で文字通り満天の星空を見る事ができて、思いがけない感動もありました。

写真はヘボくてすみません。(次回は星空のことも考えて勉強・準備しておきます)

b0132194_1728396.jpg


オリオン座わかります?



狙った生物は見れませんでしたが、負け惜しみなしに本当に楽しかったですし、次回への楽しみも増えました。

今後も活動していきたいと思います。




さて、明日からは久しぶりにゲストと潜ります。

これまた思いがけずに風まわりがよくなりそうな予感。
[PR]
by gallery-h | 2012-01-26 17:33 | 陸の自然 | Comments(5)

夜のヤンバル探検

実は昨晩、ヤンバルの生物に詳しい知人に夜のヤンバル生物探しに連れていってもらいました。

今後、沖縄の海だけじゃなく山や川も含めた自然全体をフィールドにしていきたいと思っており、できることから勉強や素材撮影などをしていこうと思っております。

夕方那覇を出発して、腹ごしらえをしてから夜のヤンバルを目指しました。


ここ数日、穏やかな天気が続いていたので、期待に胸が膨らみます。

少し装備(懐中電灯や長靴)を準備してからいざ林道へ。


と、いきなりビギナーズラック!

ナント!!

大本命のヤンバルクイナに遭遇!!!

b0132194_1444883.jpg


ヤンバルクイナは木の上で寝ることが知られており、鳥類の多くは寝ている時には片足で立っているそうです。(写真では解りづらいですが)

知人のアドバイスを元にあまし刺激をしないようにしたら、逃げずにしっかり撮影できました。(ストロボは使用せずに、手持ちのライトで撮影しています)

ただ、これよりは近づくことができなかったので、別カットをトリミング。

b0132194_1464966.jpg



さらに、この日は徒歩で林道に突入。

満点の星空の下、真っ暗闇をライト片手に進むのですが、初めてだとちょっと怖いかも。

森の中は意外と静かではなく、いろいろな音が聞こえます。

最もよく聞こえたのはタイワンクツワムシの鳴き声。(だそうです)


陸での生物探しは水中のそれと全く同じです。

経験的に狙いの生物がいそうな場所を丹念に探すと・・・


ベッコウマイマイ。
一般的なカタツムリと異なり、外套膜で貝殻が覆われています。(海で見るウミウサギガイみたい)

b0132194_14101422.jpg



ヤンバルでは多く見られるリュウキュアカガエル。

b0132194_14115189.jpg



ヤンバルで見られるカエルの中でも稀で美しいとされるイシカワガエル。(天然記念物)

b0132194_14125431.jpg



皮膚が乾いていて爬虫類っぽいけど、両生類のイボイモリ。(天然記念物)

b0132194_14134952.jpg



ヤンバルの生物に詳しい知人が最も興奮していたオオムカデ。
(オオムカデ自体はそれほど珍しくないようですが、過去最大級の大きさだそうです。私には気持ちわるいプラモデルみたいでしたけど)

b0132194_14144229.jpg



ヒラタツユムシ。

b0132194_14162529.jpg



そしてヒメハブ。
(ハブは冬眠するものと思っていましたが、ヒメハブはこの時期でもカエルを狙って活動するそうです)

b0132194_14171075.jpg



この他、撮影が不可能だったり、気持ち悪すぎて写真を撮る気にもならない生物たち、

ザトウムシ、オオゲジ、オキナワナナフシ、ヤンバルヤマナメクジ、キセルガイの仲間などを見ることができました。

知人曰く、この日はヤンバルクイナを始め、イシカワガエルやイボイモリなどの天然記念物を複数見れ、かなりの大当たり日だったそうです。

ダイビングに例えるなら、1本のダイビングで偶然マンタ(ヤンバルクイナ)を見て、極小カエルアンコウ(イシカワガエル)とフリソデエビ(イボイモリ)を見つけた感じでしょうか?(笑)

確かに私も童心に返って非常に楽しむことができました。

そして、生物は違えど海との共通点の多さを実感しました。


なかなか簡単に行ける場所ではありませんが、これからも機会を作って足を運んで、いつかみなさんにもヤンバルの自然を紹介できるようになりたいと思います。

って、このブログをみて興味がわく人がいるのでしょうか???
(よろしければご意見をお聞かせください)


では、最後にヤンバルクイナのムービーを。




早くも次回が楽しみです。
[PR]
by gallery-h | 2011-12-29 14:33 | 陸の自然 | Comments(4)